本文へスキップ

大宮厚生病院は理想の精神科病院を目指して・・・

TEL. 048-683-1861(代表)

〒337-0024 埼玉県さいたま市見沼区片柳1番地 

各病棟のご案内Guidance to each ward


2A ストレスケア病棟

 A2病棟は、気分障害(うつ病、双極性障害)、ストレスによる適応障害、
不安性障害(パニック障害、強迫性障害)など様々な症状を持つ患者様の治療を行います。
特に、質の高い医療(エビデンスに基づいた薬物療法や適切な精神・心理療法)、ゆったりと休養できる療養環境、多職種(医師、看護師、臨床心理士、作業療法士、精神保健福祉士など)によるチーム医療を大切にしながら、個々の患者様の状況に合わせ、治療から社会復帰、リワークプログラムまでのサポートを行いたいと考えています。


A2病棟 ストレスケアの詳しい内容はこちらをご覧ください

2A ストレスケア病棟

A3病棟では、主に病状が安定している慢性期の患者様の治療を行います。慢性期の状態といっても病気の性質や程度によってさまざまであり、画一的な視点にとどまることなくスタッフそれぞれの見方を活かして、個別的な対応を目指していきます。ゆとりのある環境の中で作業療法を取り入れ、気分転換をしたり物事への関心を引き出したりして、活動性を保っていくよう努めます。

2A ストレスケア病棟

 当病棟は、精神科的な問題だけでなく、身体症状や老年期に伴う問題を抱えた患者様が、安全で快適な治療をうけられることを目的としています。特に、高齢化に伴って生じる身体症状に対し、早期に診断治療を開始して、重症化を防ぎ、適切な治療につなげることを心がけます。身体症状に対する対応は、高齢化した患者様だけに限らず、他病棟や他施設とも連携して治療を進めるように考えています。


2A ストレスケア病棟

 A5病棟は、入院治療を必要とする精神障害の急性期と呼ばれる時期の治療を担当します。
これには、統合失調症や気分障害をはじめとする様々なカテゴリーの精神障害の患者様が対象になります。現在の精神症状だけでなく、ご家族や関係者からの情報をもとに、より実体に近い精神障害の評価(診断)をつけることを重視し、実効的な治療を選択して、患者様の早期回復を図りたいと考えています。


 A5病棟 急性期対応の詳しい内容はこちらをご覧ください

2A ストレスケア病棟

 当病棟は、主に統合失調症の慢性期の患者様が入院の対象となります。
長期入院の患者様に安心して生活できる穏やかな療養環境を提供し、病状が安定することを目指します。そのため患者様とスタッフとの間に長期的で、ほど良い信頼関係が形成されることを重視します。作業療法などによる生活の質の維持も重視します。病状が安定した後は、B病棟2階(自立支援病棟)へと移り将来的な自立を目指すこととなります。


2A ストレスケア病棟

B病棟2階では、病気を抱えながらも、それぞれの地域社会でその人らしい生活が出来るようサポートします。アパートでの単身生活、ご家族との同居、援護寮やグループホームなど、それぞれにあった退院先をともに考え、自立した生活を送れるよう、生活技能や対人コミュニケーションを培っていきましょう。
訓練室を利用し、一人暮らしや施設入所を体験したり、グループ活動やデイケアへの参加なども積極的に行います。退院後の生活を支えてくれる地域資源との交流も進めます。

医療法人社団輔仁会 大宮厚生病院

〒337-0024
埼玉県さいたま市見沼区片柳1番地

TEL 048-683-1861(代表)
FAX 048-683-3310